愛人契約とは何か?めくるめく華やかな世界をご紹介

「愛人」っていう響き、あなたはどう思いますか?マジメな人はそんなのとんでもない!と腹を立てるかもしれません。
その一方で、リッチな男性に囲われてオイシイ思いができるんだろうなって心が揺れちゃいませんか?
ちょっと興味があるというあなたのために、ここで愛人契約の基礎知識をご紹介しますね。

オススメサイトはこちらをチェック


愛人契約の定義


まず、ひと口に愛人契約と言っても、いろいろとあります。
基本的には継続的に男性の要求に応えてあげて、その対価としてお金やマンションといった生活援助をしてもらうというもの。

契約と言っても正式な契約書を取り交わすというものではなく、口約束とお互いの信頼で成り立っています。
不倫や年の差の大きいお付き合いを、もっと利害関係を明確にしたものと考えたらわかりやすいかなあ。


愛人契約の相場


金額は契約形態によってさまざまですが、特にお相手の収入に大きく関係します。
また、月極契約や一回払い契約といった違いもアリ。

おおむね以下の通りの相場で契約が行われていますよ。

・サラリーマンなど一般男性→月に3万~5万程度
・社長や上場企業役職などハイクラス男性→月に20~30万程度
・一回払い契約→3万円~10万円程度


さらにこれらのお手当にプラスして、特別な要求に応じればボーナスがもらえるなんてことも…!
副業感覚で続けている女性もいれば、愛人生活で生計を立てている「プロ愛人」もいます。

プロ愛人の場合は1人のお金持ち男性に囲ってもらっている場合もあれば、複数の男性と愛人契約を結んでいる場合もアリ。
すごい世界ですね…。


高値で取引される芸能界の愛人たち


ここからはもはや別次元の話にはなりますが、アイドルやAV女優の中には富豪と愛人契約を結んでいる子も少なくないとウラの世界では有名だったり。

最近ではホテルにお泊まり1回で10万円というやりとりを動画でアップロードされ、とあるグラビアアイドルの愛人契約の実態があきらかになりましたね。
(参考: 現役グラドルが愛人契約?)

中国人富豪と1週間200万円以上で愛人契約をするAV女優も多く、もはやひとつのビジネスとして成立しているんだからオドロキ。
さらにAV女優と15年で約10億円という独占契約を結んだ中国人富豪もいるんだとか。
(参考: 富豪が10億円で“独占契約”)

たとえ一般的な相場と大きくかけ離れたとしても、それだけの価値があると思われれば、お金を支払ってくれるのは夢がありますよね。

10億円なら一生どころか人生5回分くらい遊んで暮らせそうですが、15年もその富豪の身の回りのお世話をし続けるなんて…
あなただったらどうしますか?

割り切りよりもオイシイ!愛人契約がイイ理由

出会い系サイトから愛人契約に持ち込むテクニックを大公開

エッチ前提じゃなくてOK


愛人契約の対価とされる男性の要求というのは様々で、カラダの関係もあればデートや食事を楽しみたいというもの、ただ話し相手になってほしいというものまで。

割り切り関係と違って、必ずしもカラダを差し出さなくてもいいというところはポイント高し!
もしそんな紳士的なパパに出会うことができたらラッキーですよね。

一緒にオイシイごはんやおしゃべりを楽しむだけで、定期的にお小遣いがもらえるなんて、これだったら抵抗なく愛人契約したいっていう人多いんじゃないでしょうか。

性欲がなくなったからカラダの関係はいらないけれど若い子は好き、という老人男性に多いみたい。


狭く深くお付き合いできる


愛人契約は割り切りの専属契約だと考えてもいいかも。
専属契約である分、契約内容によっては他の男性との関係や本命との恋愛すら制限されちゃいますが、その代わりにお相手からは大事にしてもらえるのがメリット。

割り切りだと「代わりの利く女」ということで雑に扱われちゃうこともありますからね。
その点、継続的に関係を続ける愛人契約の場合は安心。

それにひとつの出会いを大切にして狭く深く付き合いたいというタイプの女性なら、愛人契約は向いていますね。


安定、安全を保証


割り切り関係と違って不特定多数の男性と繋がりを持つ必要がなく、特定のお相手とじっくり信頼を築いた上で安定した収入が得られるため、身の安全が比較的保証されている関係の持ち方でもあるんですよ。

急にお客さんが途切れて収入が途絶えちゃったら大ピンチですもん。

それにカラダを使って報酬を得るのは病気を移されるというリスクが常に隣り合わせですが、愛人契約ならお相手が決まっているので、その人さえしっかり自己管理ができているのなら大切なカラダを危険にさらすこともなく済みます。


注意点


ただしお相手に奥さんがいる場合、バレたら大変なことになるので注意が必要。
不倫関係に対する社会的制裁、経済的制裁はかなり大きいです。

愛人はあくまでも日陰の存在という意識を忘れちゃいけませんし、もし許されるなら奥さん公認の愛人契約を結ぶというのが理想のカタチですね!

お金持ち男性の奥さんなら、男の甲斐性として愛人を囲うことに寛容な人も多いみたいですよ。

その場合は奥さんの広い心に感謝しつつ、奥さんの立場を尊重してあげることでいい関係を保つのが愛人としての正しい在り方です。

美人?床上手?愛人に必要なモノとは

愛人と言えば、夜の世界にいるような華やかでセクシーな美女を思い浮かべるかもしれません。

ですが、実際のところは愛人のニーズも多様化しているので必ずしも派手めな美人ばかりが求められているわけじゃないんですよ。

男性は家庭にはない安らぎを愛人に求めます。

奥さんがバリバリ働く人なら甘え上手の愛人をほしがりますし、あまりうまくいっていない家庭なら癒し系の愛人をほしがりますし、奥さんが美人系なら地味な雰囲気の愛人をほしがりますし。

身の回りのお世話を要求する男性なら家事スキルも求められますね。

もちろん平均以上の容姿もなければ厳しいケースが圧倒的ですが、愛人に最も必要なのはお相手のニーズをどれだけ理解しているかという部分。

男性を立てて男性の家庭を優先し、よき理解者であり続けるということが愛人として重視されるポイント。
どういう経緯で始めた関係であっても、愛人契約を長続きさせるためには結局これが大切なんですよね。

愛人契約したい人限定!リッチなパパの探し方

愛人契約したい人限定!リッチなパパの探し方

ここからは本気の話になってきますよ。
愛人契約ができるパパを探す方法をレクチャーしちゃいます。
注意点はひとつ、上に述べた通り愛人契約とは継続的な関係を重視するもの。

割り切り関係で終わっちゃうようなやり方はNG。
じっくり関係を築いていくことを大事にしてくださいね。

パパ探しができる場所


水商売や風俗のお仕事をしている女性や、職場の上司に迫られている女性なら男性側から愛人契約を求められることがあるものですが、そうでなければリッチなパパから声をかけられる機会なんてなかなかありません。

そんな場合には、愛人クラブやデートクラブ、または出会い系サイトで探すことをオススメします。
このような場では普段の生活では出会うことのない、リッチな男性がたくさんいますから。

そもそも愛人専用のクラブなら、最初から愛人契約を求める男性が集まっていますもんね。
クラブにはクラブのルールがあるため安全に紳士的なパパと出会うことができますし、愛人契約への一番の近道と言えばコチラ。

でも、愛人クラブはその分女性に求めるハードルが高めなんですよね。
それもハイクラス向けの、より信頼性の高い愛人クラブになればなるほど…。

よっぽど容姿やテクが優れていなければ全くお声がかからないなんて可能性も。

そんな話を聞いたら気が引けちゃうというあなたは、もっとハードルの低いところから狙うべし。

出会い系サイトにもパパになってくれるような男性はたくさんいるので、そちらでパパ募集してみるのがいいですね。


出会い系サイトでパパを探す場合


すぐ会いたい掲示板など即会ってカラダの関係に持ち込む掲示板で募集するのはオススメできないかも。
その場限りの関係で終わっちゃうので、なかなか愛人契約までには持ち込めません。

年齢が40以上なのに若い子と話したがっており、すぐに割り切り関係の話を持ち出さない男性は有力なパパ候補。
大人の話を楽しみながらじっくり狙っていってください。

出会い系サイトから愛人契約に持ち込むテクニックを大公開

出会い系サイトから愛人契約に持ち込むテクニックを大公開

出会い系サイトでパパになってくれそうな人は見つけたけれど、ここからどうやって愛人契約に持ち込めばいいの!?とお悩みのあなたへ、愛人契約を交わすためのテクニックをお教えしますね。


ストレートに「パパ募集中」


もちろん、掲示板でいきなり「継続的にサポートしてくれる男性を探しています」なんて風にパパ募集しちゃってもOK。
それで返信がきたら手っ取り早いですからね。その場合はサクサクとお相手との交渉を進めていってください。

メールなり会うなりして、コミュニケーションを取りながら契約内容を詰めていくだけです。
愛人契約というと重苦しい響きですが、案外簡単なものですね。


仲良くなった男性をパパにするテクニック


次に、普通の話し相手としてスタートした男性をパパにしたいという場合。

お金はほしいけれど、優しい人・気の合う人とじゃないと愛人契約を結びたくない!っていう慎重派さんはこうやってじっくり選ぶのがオススメ。
サイト上でのやり取りで、パパ候補をじっくり吟味しちゃいましょう。

1.ディナーをおねだり

サイト上のやり取りだけではなかなか愛人契約の話なんて切り出せないと思います。
それにいきなり会ってもいない男性と愛人契約を交わすなんて心配ですよね。

そこでまずは一回ディナーの約束でもしてみるのはどうですか?

一旦愛人契約もカラダの関係も抜きにして、とりあえずディナーにエスコートしてもらえばお相手がパパになってくれそうかどうかが見えてくるというモノ。

なんでお茶でもランチでもなくディナーなのか、というのにはれっきとした理由があるんです。
ひとつはお相手は既婚者である可能性が高いので、あくまでもコッソリ会わなきゃいけませんよね。

まだやましい関係ではないにしろ、夜の闇にまぎれて会う方が無難。
もうひとつは、ディナーはお店によって一番コストの差が出てくるという点。

ランチならちょっといいお店でも1500円程度で済みますが、ディナーは上を見ればキリがありません。
だからこそ、パパ候補がどれだけあなたにお金をかけられるのかジャッジできる絶好のチャンスなんですよ!

かといって、「何が食べたい?」と聞かれてフレンチやお寿司を挙げるのはNG。
お相手のお財布を期待していることミエミエで引かれちゃうかもしれません。

それにあんまり高いものをおねだりしちゃうと、そのあとカラダで返すハメになっちゃうかも…。

それでもイイというのならかまいませんが、長期的なお付き合いを見据えて会うのなら、最初はハードル低めで設定することをオススメします。

2.焼肉をリクエスト

ここで「何が食べたい?」のベストアンサーはズバリ「焼肉」。
焼肉のお値段はお店によってピンキリ。

お相手があまりお金をかける気のない人だったら1人3000円程度のステーキハウスで済ませられちゃいますし、フンパツする気満々の人だったら高級鉄板焼き店に連れて行ってくれるなんてことも!

お相手の本気度やお財布を見極めるには断然「焼肉」リクエストで間違いナシ。

3.高級店に大はしゃぎ

いよいよパパ候補とご対面の時、年の離れた男性といきなり1対1でお食事なんて緊張するかもしれませんが、サイトでのやり取りと同じようにお話ししていれば自然と気持ちもリラックスしていくもんです。
とりあえずはおしゃべりを楽しんでください。

そして、もし高級そうなお店にエスコートしてもらったら、
「こんなお店初めて!」
「ドラマの世界みたい!」
と喜んでみせるのがポイント。

お相手も無邪気に喜ぶ若い子を見て嬉しく思いますし、これによって「この子ってあんまり裕福じゃないのかな?」と思わせることができたら第一関門クリア。

4.健気なボンビーガール話

次にすることは料理を楽しみながら自分の身の上話を挟むこと。
そんなに赤裸々に語る必要はなく、サラッとでかまいません。

ここで押さえておきたいのが、ちょっとお金に困っている自分をそれとなく匂わせるというテク。

夢を叶えたくてお金を貯めている、家が貧乏だったから早くから独り立ちして働いている、大学の学費が高くてバイトが大変、というように、さりげない貧乏アピールをするんです。

もしお相手があなたのことを気に入っていたら「この子をサポートしてあげたい」と思ってくれるはず。

もしすぐに愛人契約の話にならなくても大丈夫!
お相手が「また食事おごってあげるよ」って言ってくれたならパパとしての見込みは十分アリ。

長期戦になるかもしれませんが、高級レストランのお食事を定期的に頂きながら、パパ候補との信頼関係を築いていくことです。

まるで普通の恋愛のデートみたいですが、まさにデートを重ねたカップルが「付き合おう」ってある日突然言い出すのと同じように、愛人契約の話がある日出てくるモノですよ。

100%実話!私が愛人契約した時の体験談

100%実話!私が愛人契約した時の体験談

私は大学生の時、1人の男性と愛人契約をしていました。
お相手は40代前半、外資系に勤めるパパでした。知り合うきっかけは出会い系サイトだったんですが、当時好きだった人に振られて友人関係もうまくいっておらず、寂しさのあまり出会い系サイトに入り浸っていた私に声を掛けてくれたのが始まり。
よき話し相手の1人でした。

その男性は関東住まい、私は関西住まいでしたが、出張で私の住む地域の近くにくるという男性が一緒に地元名物を食べに行こうと言ってくれて。
その時は愛人契約をすることになるなんて思ってもいませんでしたが、食事に釣られてついついOK。

お高めのお店を個室で予約してくれていたのと、サイト上と変わらない男性の気さくな感じに、ついついはしゃいじゃいました。
その日は食事とバーで1杯だけ飲んで終わり、メアドを交換して別れました。

その翌日、男性から早速メールがあり、今晩もう一回会えないかというお誘いが。
前回のお食事で私のことを気に入ってくれたみたいでした。
私なんて特別可愛いわけでもない普通の女子大生だったんですが、派手すぎないところと勉強家なところがよかったみたい。

男性が泊まっているホテルのラウンジでお酒を飲みました。
大人な雰囲気に包まれて飲みながら、話はちょっとキワドイ方向に。
私は当時処女だったんですが、そのことも正直に話すと、男性はびっくりしながらも興味深そうにしていましたね。

男性の方には家庭があり、子煩悩で奥さんとも仲がいいようなことを話していましたが、子どもができてからずっとセックスレスとのこと。

仲がいい夫婦でもセックスレスになるんだなと不思議に思う私に、ちょっと部屋に行かない?と男性が切り出したんです。
絶対エッチはしないって約束するし、お小遣いもあげるから、私に興味が湧いたんだと。

こうしてこの男性は私のパパになり、キスとエッチはしないという私からの条件を飲んでくれて愛人契約を結びました。

ハッキリ決めていたわけじゃないですが、会うのは月に2~3回で、会うたびに2万円のお小遣いをもらっていました。

毎回パパの出張先にお泊まりで遊びに行くというカタチで、別途交通費ももらって旅行気分というお得な感じ。
一緒にお風呂に入ったり手や口でしたりされたりということはありましたが、キスとエッチなしの条件は最後まで守ってくれました。

私に彼氏ができたのを機に愛人契約は切れましたが、今でもいい思い出です。

私がオススメするサイト

女性は無料で使えて、相手を探しやすい掲示板を紹介しますね。
使い勝手や男性層が違うので、自分の使いやすいサイトを探すのが第一歩ですね。

どのサイトも参加者の年齢確認をしており、サポート体制がしっかりしているサイトです。

PCMAX


PCMAX

毎日10万件以上の書き込みがある大人向けの掲示板ですので、愛人希望者が見つかる可能性はかなり高いです。

投稿数が多いこともあり、掲示板書き込みをしてもすぐに埋もれてしまう事も多いので、継続的に募集するのが確実ですよ。
まず一番最初に試して頂きたいサイトですね。

ハッピーメール


ハッピーメール

老舗の出会い系サイトで、昔からずっと人気が高い掲示板です。
パパ探しに便利な掲示板として、「大人の恋人関係」・「ミドルエイジ」掲示板があります。

こちらもPCMAXと同じくらい投稿数が多いので、もしPCMAXに会う相手がいなさそうであれば、こちらも使ってみるといいですね。

YYC


YYC

mixiのグループ会社が運営するのがこのサイト。
mixi系列と言う事もあって、出会い系に慣れていない男性も多いです。

出会い系に慣れていない女性が愛人を探すならここがおすすめですが、大人の掲示板が無いサイトですので、募集は少し難しいかも。

嫌がらせ対応のサポートがしっかりしていたり、変な人に付きまとわれたらすぐに通報出来たりなど、女性が安心して愛人を探せるサイトだと感じます。